クラビットの適応菌種と効力

クラビットは病院でも処方されることの多い抗生物質です。
主に細菌に対して大きな効力を持つとされ、適応菌種も幅広いのが特徴です。
クラビットは細菌が増殖するのを防ぐ働きをします。
高い効果を持つことから現在では様々な病気の治療に使われているのです。

 このクラビットは実際あらゆる感染症に効力を発揮します。
特に肺などの呼吸器感染に対して優れた効果を持つのです。
肺炎球菌を始め、通常処方される抗生剤では治療が難しい細菌に対しても優れた効き目を示します。
抗生剤の場合、人によってはアレルギーなどを持つことも少なくありません。
そうした時にこのクラビットは一つの選択肢になるのです。
他、中耳炎など耳鼻咽喉科の診療でもこの薬は良く使用されます。
サルモネラ菌や大腸菌などにも効力を持つことから、食中毒など感染性の腸炎にも広く使われているのです。

 抗生剤の例にもれず、このクラビットも他の薬との飲み合わせが時に問題となります。
まれにけいれんなどの症状が起こることから、鎮痛剤との飲み合わせには特に注意が必要とされているのです。
胃酸を抑える働きをする胃腸薬を飲んでいる場合には、通常2時間程度の時間を空けて服用することが望ましいとされています。
一緒に飲むと薬の効果が時に落ちてしまうことがあるのです。
貧血などの場合、鉄剤などを服用していることがありますがこうした薬と飲み合わせにも注意が必要になります。

 このクラビットは、薬の中でも比較的副作用が起こることはまれだとされています。
ですが、抗生剤という性質上、腸内細菌の乱れによる下痢や胃腸が荒れるなどの症状が人によって出ることもあります。
その場合には担当医に相談の上、薬を変えてもらうなどの対処が必要です。

▼病院でもらえる薬を通販でも買える!
医薬品は薬 通販で手軽に補充!